へりなし琉球畳を表替え

本日は青森市のお客さま宅の表替えでした。

居間の一角にある小上がりに敷かれてる畳でして、ヘリなし畳でした。

30年前に新築されたときの畳でしたので、稲藁の畳床でのへりなし畳です。

ちょっと専門的な事ですが、稲藁の畳床でのへりなし畳というのは色々と手間がかかっているものでして…

へりなし畳自体、技術が試されるものですが、今回の稲藁の畳床の構造上、下処理をしてあげないと形として出来上がらないんです。

こうして畳床のスミを縫い止めしてあげることにより、キッチリ寸法に仕上がった畳が出来上がります。

IMGP0181

お陰様でバッチリ!

IMGP0182