市松柄の畳表替え

今日は黒石市内のお客さま宅の畳裏返しをさせていただきました。

このお宅の畳なんですが、なんと「市松おもて」が使われていました。

IMGP0036

裏返しする前の画像です。「天然い草」と、「不変色い草」という色が変わらないイ草を織り交ぜて、市松柄にした畳おもてです。日がたつにつれて、天然い草の部分だけ日焼けして色が変わり市松柄がクッキリしてきます。

ちなみに裏面はまだまだ青いのであまり柄が目立ちません。↓こんな感じです。めくってる方が裏面になります。

IMGP0001

使い込むごとに独特の表情がはっきりしてくるという面白いたたみです。