表替え(鯔背・立涌に縞と梅)

今回は黒石市内の畳替えの時のものです。

鯔背(立て枠に縞と梅)

畳縁が個人的に好きな鯔背(いなせ)シリーズの「立涌に縞と梅」という長い名前です。

立涌(たてわく)は雲気、水蒸気が涌き立ち上っていく様子を表した有職文様の一つで、歴史上の屏風や宝物、能の装束にも使われています。どうりで我々日本人にしっくりくるなと。

以前この畳縁で信玄袋を作って今も使ってますよ!我ながらいい出来だなと思ってます。