畳縁で作ったトートバッグ

オーダー頂いておりました畳縁トートバッグがようやく完成しました!

お客さまは弓道をやられている方で、その道具を入れるカバンが欲しいとのことでした。それぞれの道具を収納できるように、寸法の合ったポケットや仕切りなども取り付けました。

そして最後、クチが開きっぱなしにならないように「コキ」を取り付け「江戸打ち紐」を通しました。信玄袋みたいに締めることができるんですね。キュッと。

もちろん内袋も畳縁です。それぞれの色に合った無地の畳縁で仕上げました!

ちなみに表布のトンボ柄ですが、トンボは前にしか飛ばない習性があることから、「勝虫(かちむし)」と呼ばれ、勝ち戦を望む武将が好んで使った戦柄なのだそうです。

お客さまの放つ矢も、勝虫のようにまっすぐ的に向かって飛んでいくことと思います^^